研究課題

水稲高温障害対策プロジェクト

2013年06月03日

水稲高温障害対策プロジェクト

研究課題名:気候変動下における水稲の高温障害対策技術の開発
 気候変動が水稲の熱環境や乾物生産に与える影響を評価し、高温障害の発生メカニズムおよび被害変動要因を解明します。これらの知見に基づき、年々の気象条件に応じて追肥量を調整する「気象対応型栽培法」の開発などの高温障害の対策技術、および多収性日本型水稲の安定多収栽培技術や温室効果ガス排出抑制に有効な落水管理条件下での多収栽培技術を開発します。

 本プロジェクトでは、九州沖縄農業研究センター(合志、筑後)ならびに近畿中国四国農業研究センター(福山、生野)の作物学、植物生理学、農業気象学分野の約10名の研究者が、気候変動に伴う水稲の高温障害対策に向けた基礎研究および技術開発を行っています。
これまでの主な研究成果として、①毎年のように日本のどこかで発生する高温乾燥風による乳心白粒の発生メカニズムの解明(技術情報1)、②農業共済制度による経済的被害軽減に向けた乳心白粒の発生予測装置の開発(技術情報2)および③乳心白粒の発生予測プログラムの開発(技術情報3)、④登熟初期の高温によって助長されることが明らかになってきた胴割れ発生の品種間差(技術情報4)、⑤温暖化の進行で近い将来、収量への影響が懸念される高温不稔の品種間差の評価(技術情報5)、⑥高温障害の予測や対策技術の必要地域をマップで示すために不可欠となる領域気候モデルのダウンスケール手法の開発(技術情報6)などを行いました。
 今後は、①高温障害対策や温室効果ガス抑制で重要となる施肥法・水管理法の開発、および②気候変動下でも安定的に多収が得られる品種特性の解明や栽培技術の開発を進める予定です。

リーダー   森田 敏:九州沖縄農業研究センター
サブリーダー 長田健二:近畿中国四国農業研究センター

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット