発表論文

発表論文一覧

  • 養豚農家の密閉縦型堆肥化施設および木材チップ脱臭施設からの環境負荷ガス発生.

    日本畜産学会報 85(4): 553-563.   2014

    安田知子、土屋いづみ、長田 隆、長谷川三喜、石田三佳
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料用米、大麦および製茶加工残さの混合給与におけるパーム油の添加が夏季の肥育後期豚の飼養成績と肉質成績に及ぼす影響.

    日本養豚学会誌 51(4): 207-212.   2014

    脇屋裕一郎,大曲秀明,立石千恵,河原弘文,宮崎秀雄,永渕成樹,井上寛暁,松本光史,山崎信
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料成分に基づく家畜への飼料給与.

    家畜感染症学会誌 3(2): 35-39.   2014

    永西 修
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料の安全性と飼料衛生.

    最新畜産ハンドブック 939-400.   2014

    田中正仁
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 地球温暖化が進む中での暑熱対策.

    Dairy news 34(13): 7443-7450.   2014

    田中正仁
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 高泌乳牛への飼料給与8:育成飼料はエネルギーとタンパク質のバランスが重要.

    DairyMan 64(9): 76-77.   2014

    野中最子
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 近年の黒毛和種における発情行動の特徴と鈍生発情.

    肉用牛ジャーナル 27(6): 62-66.   2014

    竹之内直樹
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料・栄養と飼養(家禽).

    最新畜産ハンドブック 229-230.   2014

    山崎 信
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 家畜の飼養(ニワトリ・特用家禽).

    最新畜産ハンドブック 273-278.   2014

    山崎 信
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料特性を理解して上手に設計に活かす.

    Dairy Japan 2014年12月
    (監修ならびに稲わら、無洗米ヌカの項を執筆)   2014

    永西 修
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 家畜の栄養素と飼料成分.

    最新畜産ハンドブック 212-221. 養賢堂.東京   2014

    永西 修
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 家畜・家禽の養分要求.

    最新畜産ハンドブック 239-247. 養賢堂.東京.   2014

    永西 修
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • コムギの発育段階の推定モデル.

    日本作物学会紀事 83(3): 249-259.   2014

    中園江、大野宏之、吉田ひろえ、佐々木華織、中川博視
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Lower-Than-Expected Floret Sterility of Rice under Extremely Hot Conditions in a Flood-Irrigated Field in New South Wales, Australia.

    Plant Production Science 17: 245-252.   2014

    Matsui T., Kobayasi K., Nakagawa H., Yoshimoto M., Hasegawa T., Reinke R. and Angus J.
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Heat-tolerant rice cultivars retain grain appearance quality under free-air CO2 enrichment.

    Rice 7: 6.   2014

    Usui Y., Sakai H., Tokida T., Nakamura H., Nakagawa H. and Hasegawa T.
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Rice varietal differences in responses of stomatal gas exchange to supplemental nitrogen application.

    Photosynthetica 52: 397-403.   2014

    Shimoda S. and Maruyama A.
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Uncertainties in predicting rice yield by current crop models under a wide range of climatic condition.

    Global Change Biology, 21: 1328–1341.   2014

    Li T., Hasegawa T. et al.
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • 地上部窒素吸収量の増大による水稲多収品種の籾数増加とその限界.

    日作紀 83(4): 374-379.   2014

    小林英和、千葉雅大、長田健二
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Rice varietal differences in responses of stomatal gas exchange to supplemental nitrogen application.

    Photosynthetica 52: 397-403.   2014

    Shimoda S., and Maruyama A.
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Rice chalky ring formation caused by temporal reduction in starch biosynthesis during osmotic adjustment under foehn-induced dry wind.

    PLoS ONE 9(10): e110374.   2014

    Wada H, Masumoto-Kubo C, Gholipour Y, Nonami H, Tanaka F, Erra-Balsells R, Tsutsumi K, Hiraoka K, Morita S.
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット