発表論文

発表論文一覧

  • 胴割れ米の発生要因と対策.

    平成26年度普及指導員等研修CO1①新品種・新技術コーディネーター研修(米①): 91-96.
      2014

    長田健二
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 水稲高温登熟障害の克服に向けた対策技術.

    平成26年度普及指導員等研修CO1②新品種・新技術コーディネーター研修(米②): 65-78.   2014

    森田敏
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Snow cover manipulation in agricultural fields: as an option for mitigating greenhouse gas emissions.

    Ecological Research 29: 535-545.   2014

    Y.Yanai, T.Hirota, M. Nemoto,Y.Iwata, N. Koga, O.Nagata, S.Ohkubo:
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • An apple B-box protein gene, MdCOL11, is involved in UV-B- and temperature-induced anthocyanin biosynthesis.

    Planta 240: 1051-1062.   2014

    Bai S, Saito T, Honda C, Hatsuyama Y, Ito A, Moriguchi T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Effect of extending the photoperiod with low-intensity red or far-red light on the timing of shoot elongation and flower-bud formation of 1-year-old Japanese pear (Pyrus pyrifolia).

    Tree Physiology 34: 534-546.   2014

    Ito A, Nishijima T, Saito T, Moriguchi T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers.

    Tree Genetics & Genomes 10: 1001-1013.   2014

    Shimada T, Fujii H, Endo T, Ueda T, Sugiyama A, Nakano M, Kita M, Yoshioka T, Shimizu T, Nesumi H, Ikoma Y, Moriguchi T, Omura M.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Functional characterization of a new grapevine MYB transcription factor and regulation of proanthocyanidin biosynthesis in grapes.

    Journal of Experimental Botany 65: 4433-4449.   2014

    Koyama K, Numata M, Nakajima I, Goto-Yamamoto N, Matsumura H, Tanaka N.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Predicted changes in locations suitable for tankan cultivation due to global warming in Japan.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci. 83: 117–121.     2014

    Sugiura T, Sakamoto D, Koshita Y, Sugiura H, Asakura T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • 日本ナシの自発休眠覚醒に連動するバイオマーカーの検索とそれに基づく休眠覚醒時期判定法の開発.

    果実日本 69: 83-87.   2014

    伊東明子
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • 冬芽の器官形成と発達経過.

    環境Eco選書10 冬芽と環境 90-105.   2014

    伊東明子
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • 落葉果樹の休眠と低温要求性.

    最新農業技術 果樹 vol.7: 307-317.   2014

    杉浦俊彦
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • 気候変動の予測の最近の状況と果樹への影響.

    果実日本 69(7): 50-53.   2014

    杉浦俊彦
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Heat stress during in vitro fertilization decreases fertilization success by disrupting anti-polyspermy systems of the oocytes.

    Molecular Reproduction and Development. 82(1): 36-47.   2014

    M Sakatani, K Yamanaka,A Z Balboula,N Takenouchi, M Takahashi.
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 栄養管理による高温環境下の泌乳生産性改善に関する研究 .

    栄養生理研究会報 58(2): 1-11.   2014

    田中正仁・野中最子・神谷裕子・鈴木知之
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 抗酸化機能性サプリメントの給与がホルスタイン種初産牛の繁殖成績に及ぼす影響.

    日本胚移植学雑誌 36(3): 149-156.   2014

    大澤 玲ら
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • ホルスタイン種初産牛における泌乳前期飼料中の非繊維性炭水化物含量が血液性状、ルーメン内容液性状、産乳および繁殖成績に及ぼす影響.

    日本胚移植学雑誌 36(3): 157-167.   2014

    林 登ら
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 水分含量の異なる牧草サイレージと飼料用米の配合が発酵TMRの発酵品質ならびにタンパク質画分に及ぼす影響.

    日本草地学会誌 60(1): 29-34.   2014

    西村慶子、中原高志、永西 修、中西良孝
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 肉用牛の肥育試験データに基づく飼料へのアマニ油脂肪酸カルシウム添加の経済および環境影響評価.

    システム農学 30(4): 119-129.   2014

    加藤陽平、大石風人、熊谷 元、石田修三、丸山 晶、永西 修、荻野暁史、広岡博之
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • カシューナッツ殻液を利用した乳用牛からのメタン低減技術.

    栄養生理研究会会報 58: 45-51.   2014

    真貝拓三、・永西修、・三森眞琴、・長嶋協、・小林泰男
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • Nitrogen and phosphorus removal from wastewater treatment plant effluent via bacterial sulfate reduction in an anoxic bioreactor packed with wood and iron.

    Int. J. Environ. Res. Public Health 11: 9835-9853.   2014

    T Yamashita, R Yamamoto-Ikemoto
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット