発表論文

発表論文一覧

  • 暗渠整備による炭素貯留技術の温暖化緩和ポテンシャル.

    農業農村工学会誌 82(8): 641-644.   2014

    北川巌,塚本康貴,親富祖明,儀間靖,山口悟
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • 水田への疎水材暗渠の整備による温室効果ガス排出抑制の効果.

    農業農村工学会誌 82(8): 629-632.   2014

    塚本康貴,北川巌
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • 2014年2月大雪の農業影響.

    北海道の雪氷 33: 137-144.   2014

    井上 聡,小南靖弘,根本 学, 大野宏之, 森山英樹
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 雪結晶観察シート試作と試用.

    北海道の雪氷 33: 15-18.   2014

    井上聡, 小松麻美, 中村一樹,大鐘卓哉, 秋田谷英次,尾関俊浩,山田高嗣,金森晶作, 石本敬志,金村直俊
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 平成24年南空知豪雪による農業雪害とリスク評価.

    北海道農業研究センター研究報告 203: 15-22.   2014

    井上 聡,廣田知良,濱嵜孝弘,根本 学
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 冷涼気候で栽培した有色玄米のフェノール性抗酸化化合物含量および抗酸化能.

    日本食品科学工学会誌 61(11): 528-535.   2014

    渡辺 満,大久保さゆり,菅野洋光,持田秀之
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • Rice varietal differences in responses of stomatal gas exchange to supplemental nitrogen application.

    Photosynthetica 52: 397-403.     2014

    Shimoda S. and Maruyama A.
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • Sensitivity Analysis of Rice Sterility Caused by Cool Summer in Hokkaido, Japan.

    Journal of Agricultural Meterology 70(1): 25-40.   2014

    田中朱美,佐藤友徳,根本学,山中康裕
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 近年の温暖化による水稲の高温障害の発生と水管理による対策.

    農業および園芸 89(9): 957-963.   2014

    丸山篤志
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • 環境変動が国内の農業生産に及ぼす影響とその対策.

    作物研究 59: 55-58.   2014

    中川博視
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • 水稲の大気CO2濃度反応における品種・窒素依存性のモデルシミュレーション.

    関東の農業気象 40: 2-5.   2014

    吉田ひろえ
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • 近年における胴割れ米発生状況と軽減対策.

    月刊NOSAI 66(5): 35-42.   2014

    長田健二
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 胴割れ米の発生要因と対策.

    平成26年度普及指導員等研修CO1①新品種・新技術コーディネーター研修(米①): 91-96.
      2014

    長田健二
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 水稲高温登熟障害の克服に向けた対策技術.

    平成26年度普及指導員等研修CO1②新品種・新技術コーディネーター研修(米②): 65-78.   2014

    森田敏
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Snow cover manipulation in agricultural fields: as an option for mitigating greenhouse gas emissions.

    Ecological Research 29: 535-545.   2014

    Y.Yanai, T.Hirota, M. Nemoto,Y.Iwata, N. Koga, O.Nagata, S.Ohkubo:
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • An apple B-box protein gene, MdCOL11, is involved in UV-B- and temperature-induced anthocyanin biosynthesis.

    Planta 240: 1051-1062.   2014

    Bai S, Saito T, Honda C, Hatsuyama Y, Ito A, Moriguchi T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Effect of extending the photoperiod with low-intensity red or far-red light on the timing of shoot elongation and flower-bud formation of 1-year-old Japanese pear (Pyrus pyrifolia).

    Tree Physiology 34: 534-546.   2014

    Ito A, Nishijima T, Saito T, Moriguchi T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers.

    Tree Genetics & Genomes 10: 1001-1013.   2014

    Shimada T, Fujii H, Endo T, Ueda T, Sugiyama A, Nakano M, Kita M, Yoshioka T, Shimizu T, Nesumi H, Ikoma Y, Moriguchi T, Omura M.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Functional characterization of a new grapevine MYB transcription factor and regulation of proanthocyanidin biosynthesis in grapes.

    Journal of Experimental Botany 65: 4433-4449.   2014

    Koyama K, Numata M, Nakajima I, Goto-Yamamoto N, Matsumura H, Tanaka N.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Predicted changes in locations suitable for tankan cultivation due to global warming in Japan.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci. 83: 117–121.     2014

    Sugiura T, Sakamoto D, Koshita Y, Sugiura H, Asakura T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット