発表論文

発表論文一覧

  • The Effects of Water-saving Irrigation on Nutritive Value of Maize (Zea mays L.) in Nile Delta, Egypt.

    Journal of Arid Land Studies 22(4): 481- 485.   2013

    M.Suzuki, A. Mohamed , K. Aboel-Gawad, S.Safina, A.Magdy.MA. El-Fsdel, A.Ahmed Hussien, O.Enishi, A.Maruyama, A.Tajma, N.Ishikawa.
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • Effect of cashew nut shell liquid on metabolic hydryogen flow on bovine rumen fermentation.

    Animal Science Journal 85(3): 227-232.
      2013

    M. Mitsumori, O. Enishi, T. Shinkai, K. Higuchi, Y. Kobayashi, A.Takenaka, K. Nagashima, M. Mochizuki, Y. Kobayashi
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 内蒙古自治区ハルゴビ村とサイハンゴビ村における植生, 植物栄養成分およびヒツジ放牧管理方法の比較.

    Animal Behavior and Management 49(1): 23-23.   2013

    澤戸利衣、 阿拉騰達来、 永西修、 後藤正和、 浅野敦之、田島淳史、 石川尚人
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 水田栽培がケナフのサイレージ品質に及ぼす影響.

    筑波大学農林技術研究 1(1): 1-7.   2013

    志水勝好; 市江智恵子; 柴山美智子; 永西修
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • Greenhouse gas reduction and improved sustainability of animal husbandry using amino acids in swine, poultry feeds.

    Anim. Sci. J. 84: 409–415.   2013

    Susumu TSUJIMOTO, Tomo TAKAGI, Takashi OSADA, Akifumi OGINO.
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 暑熱ストレスが繁殖機能の低下を招く .

    デーリィマン 63: 42-43.   2013

    阪谷美樹
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 夏ばてに有効!牛体の熱を抑える飼料給与の考え方.

    酪農ジャーナル 6: 22-24.   2013

    野中最子
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • アミノ酸添加低蛋白質飼料給与技術による養豚排せつ物管理からの温室効果ガス排出削減.

    畜産技術 699: 12-15.   2013

    荻野暁史
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • アミノ酸添加低タンパク質飼料による地球温暖化緩和-栄養管理で排泄物管理からの温室効果ガスを減らす-

    養豚の友 537: 23-26.   2013


    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 地球温暖化に貢献する畜産経営-飼料を変えて、環境に貢献-

    農業日誌 2014年版: 102-103.   2013

    長田隆
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • Towards a better understanding of biophysical determinants of yield gaps and the potential for expansion of the rice area in Africa.

    Realizing Africa's rice promise (Eds) Wopereis, M. C. S., Johnson, D. E., Ahmadi, N., Tollens, E., Jalloh, A. PP. 188-203.   2013

    Saito K., Nelson A., Zwart S.J., Niang A., Sow A., Yoshida H., Wopereis, M. C. S.
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Classification of recent studies by method type for surface air temperature map development and estimation of daily temperature using a radiative cooling scale.

    J. Agric. Meteorol. 69(3): 215-227.   2013

    Ueyama H.
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Threshold intensity of twilight illumination for photoperiodism of rice based on solar altitude.

    J. Agric. Meteorol. 69: 265-276.   2013

    Yasuyuki Wakiyama, Ryoji Sameshima, Takahiro Hamasaki, Manabu Nemoto, Kiyoshi Ozawa, Hiroyuki Ohno, and Atsushi Maruyama
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 気候変動による稲の高温障害の発生と対応策.

    農業と科学 654: 5-8.   2013

    丸山篤志
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 胴割れ米の発生メカニズムと高温登熟の影響.

    月刊NOSAI 10月号: 20-28.   2013

    長田健二
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 深水栽培によるコメの品質向上.

    米麦改良 11月号: 2-5.   2013

    千葉雅大
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 研究最前線:気候温暖化に伴う水稲栽培の新しい展開~高温登熟障害の発生のしくみと対策~

    農業(大日本農会)平成25年10月号: 27-38.   2013

    森田敏
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • 2013年産水稲生産の概況と高温登熟障害の対応策.

    技術と普及 平成26年2月号: 50-51.   2013

    森田敏
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Relationships between global climate indices and rain-fed crop yields in highland of South-Central Java, Indonesia.

    Journal of Geography 122(3): 438-447.   2013

    Bayu D.A.N., A.O.D. Prima, H. Kanno, R. Sameshima, H. Fujii, L.C.M. Lopez
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • Effect of floating row covers on soil and air temperatures in different seasons.

    Journal of Agricultural Meteorology 69(2): 65-79.   2013

    Hamasaki, T.
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット