発表論文

発表論文一覧

  • 実況値と数値予報、平年値を組み合わせたメッシュ気温・降水量データの作成

    生物と気象(Climate in Bioshere) 16:71-79.   2016

    大野宏之、佐々木華織、大原源二、中園 江
    研究課題:気象-作物モデル開発プロジェクト

  • Insights from an integrated view of the biology of apple snails (Caenogastropoda: Ampullariidae).

    Malacologia 58: 245-302.   2015

    Hayes KA et al.
    研究課題:暖地病害虫管理プロジェクト

  • Quantitative analysis of Southern rice black-streaked dwarf virus in Sogatella furcifera and virus threshold for transmission.

    Phytopathology 105: 550-554.    2015

    Matsukura K, Towata T, Yoshida K, Sakai J, Okuda M, Onuki M, Matsumura M.
    研究課題:暖地病害虫管理プロジェクト

  • Take-Off Time of the First Generation of the Overwintering Small Brown Planthopper, Laodelphax striatellus in the Temperate Zone in East Asia.

    PLoS ONE 10(3): e0120271.   2015

    Sanada-Morimura S, Otuka A, Matsumura M, Etoh T, Zhu Y, Zhou Y, et al.
    研究課題:暖地病害虫管理プロジェクト

  • リンゴガイ類の分類方法と侵入地への侵入状況.

    植物防疫 69(3): 175-179.   2015

    松倉啓一郎
    研究課題:暖地病害虫管理プロジェクト

  • 日本に飛来するトビイロウンカとセジロウンカの薬剤感受性の長期的変動.

    植物防疫 69(1): 13-17.   2015

    松村正哉
    研究課題:暖地病害虫管理プロジェクト

  • 分布型物質移動モデルによるウォッシュロードと放射性物質の移動予測.

    農村工学研究所技報 217.   2015

    名和規夫,吉田武郎,堀川直紀,工藤亮治,皆川裕樹
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • Modeling of paddy water management with large reservoirs in northeast Thailand and its application to climate change assessment.

    Japan Agricultural Research Quarterly (JARQ)   2015

    Kudo R., Masumoto T., Horikawa N.
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • 領域気象モデルWRFを用いた力学的ダウンスケーリングによる豪雨の気候学的再現性.

    応用水文(論文編)27: 19-28.   2015

    工藤亮治,皆川裕樹,名和規夫,増本隆夫
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • Development of a seamless model to simultaneously simulate agricultural water use and the effects of flooding.

    Applied Hydrology 27: 29-37.   2015

    Vongphet, Jutithep, Masumoto T, Minakawa H.
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • Fluctuations in rice productivity caused by long and heavy rain under climate change in Japan: Evidence from panel data regression analysis.

    JARQ   2015

    Kunimitsu Y., Ryoji K., Toshichika I., Masayuki Y.
    研究課題:農地・水気候変動プロジェクト

  • 夜間冷却量と気象要素の日々の関係とその季節性について −気象観測データを用いた検証−.

    天気 62(2): 97-103.   2015

    紺野祥平, 大久保さゆり, 菅野洋光
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 高解像度気象データを用いた東北地方におけるイネ葉いもち発生予察モデル(BLASTAM)の検証.

    天気 62(1): 5-15.   2015

    大久保さゆり, 菅野洋光, 小林 隆
    研究課題:気象災害リスク低減プロジェクト

  • 深植弱深水栽培による白未熟粒の抑制.

    農業技術体系 イネ 基本技術、農文協 522の29の51の27の8.   2015

    千葉雅大
    研究課題:水稲高温障害対策プロジェクト

  • Histone modification and signaling cascade of the dormancy-associated MADS-box gene, PpMADS13-1, in Japanese pear (Pyrus pyrifolia) during endodormancy.

    Plant Cell and Environment 38: 1157-1166.   2015

    Saito T, Bai S, Imai T, Akiko Ito A, Nakajima I, Moriguchi T.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Expression of DORMANCY-ASSOCIATED MADS-BOX (DAM)-like genes in apple.

    Biologia Plantarum 59(2): 237-244.   2015

    Mimida N, Saito T, Moriguchi T, Suzuki A, Komori S, Wada M.
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • ニホンナシにおける再分化および形質転換技術に関する研究(学位論文要旨).

    果樹研究所報告第19号(予定).   2015

    中島育子
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • 黒ボク土ナシ園における豚糞堆肥連用が土壌全炭素含量と二酸化炭素発生に及ぼす影響.

    日本土壌肥料学雑誌 86(1): 29-32.   2015

    藤田 裕, 杉浦裕義, 飯村 強
    研究課題:果樹温暖化対応プロジェクト

  • Mitigation of nitrous oxide (N2O) emission from swine wastewater treatment in an aerobic bioreactor packed with carbon fibers, Anim.

    Sci. J. 86(3): 358-368.   2015

    T Yamashita, R Yamamoto-Ikemoto, H Yokoyama, H Kawahara, A Ogino and T Osada.
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

  • 飼料中カリウムおよびタンパク質を制御した泌乳牛の尿量低減化が尿石症を発症させる可能性.

    畜産草地研究所研究報告 15: 19-27.   2015

    大谷文博,樋口浩二,小林洋介,野中最子
    研究課題:畜産温暖化適応プロジェクト

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 地球温暖化と農林水産業 農業温暖化ネット